第89回選抜高校野球大会に、2年ぶり16回目の出場が決まった静岡

昨秋の静岡県大会では3位でしたが、東海大会を見事に制しセンバツの切符を手にしました。


この記事では、静岡高校の戦力分析とメンバーの出身中学等をまとめみました。


静岡県静岡市にある県立静岡高校の部員数は、、
3年生13人に2年生16人の29人となります。

練習グランドは、学校の校庭となりますが、照明付きで室内練習場も併設されています。


甲子園には、これまで夏24回、春も今年で16回目となり、
春夏通算40回目の出場を誇り、県内最多の出場となります。


県立であり、また県内屈指の進学校としてもしられる静岡高校ですが、
夏の甲子園での優勝が1回(1926年)、準優勝が2回(60・73年)、
夏ベスト8が3回あります。


センバツは、過去ベスト4が最高で1928年に1回、
ベスト8が、3回(30・65・2015年)あり、
狙うは、センバツ全国制覇となります。


それでは、2017年の静岡高校の戦力分析や出身中学をご紹介します。



1454050304_aflo_wkeb284689.jpg


静岡高校の戦力分析


昨秋の新チームとなっての試合成績は、46試合行い37勝8敗1分で、
そのうち公式戦は、13試合行い11勝2敗となっています。


【打撃力】

公式戦のチーム打率325、本塁打1本、盗塁21となっています。


攻撃のキーマンとなるのは、1番の大石三塁手と2番の村松遊撃手です。

大石三塁手は、公式戦打率347、盗塁5、松村遊撃手は、公式戦打率380、盗塁7と
足もあるこの1,2番が出塁し、クリーンアップにつなぐのが得点パターンとなります。


4番には、成瀬左翼手が座り、公式戦打率373、本塁打1本と
2年生ながら頼れる主砲となっています。


今年の静岡高校は、長打力はなくても、機動力を使いコツコツと得点を重ねていきます。


【投手力】

投手陣では、左腕の池谷蒼大投手に注目です。


池谷投手は、最速144㌔のストレートにカットボールが最大の武器となります。

東海大会では、初戦から3試合連続完封をみせるなど、
スタミナもあり、三振のとれる投手でもあります。


また、2番手の竹内奎人投手も池谷投手に負けてはいません。

中学時代には、U-15日本代表にも選ばれるほどの逸材です。

東海大会の決勝、至学館戦で先発した竹内投手は、
7回途中までノーヒットに抑える好投をみせ、優勝に貢献しました。


また、小柳廉投手は、主将も務め普段はライトのポジションを守り
打っては、クリーンアップとしてチームを引っ張ります。


池谷 蒼大投手は、公式戦14試合、99回1/3を投げ

・防御率:1.63

・自責点:18

・失点:20

・奪三振:114


竹内 奎人投手は、公式戦4試合、16回2/3を投げ

・防御率:2.71

・自責点:5

・失点:5

・奪三振:17


小柳 廉投手は、公式戦1試合、2イニングを投げ

・防御率:0.00

・自責点:0

・失点:0

・奪三振:2


中村 奎太投手は、公式戦1試合、6イニングを投げ

・防御率:0.00

・自責点:0

・失点:0

・奪三振:8


甲子園では、池谷投手、竹内投手の左右2枚看板で
センバツ初優勝に挑戦ですね♪



スポンサーリンク







静岡野球部メンバーの出身中学まとめ


静岡高校のOBには、西武の鈴木将平外野手に楽天の堀内謙伍捕手、
日ハムに増井浩俊投手など数多くのプロ野球選手を輩出しています。


それでは、静岡高校の主力メンバーの出身中学をみていきましょう。

名前・ポジション・学年(身長・体重/投・打/公式戦打率)
出身中順になっています。


池谷 蒼大 投手 3年(175㎝・75㎏/左投・左打/237)
浜松市立積志中

森 康太朗 捕手 3年(168㎝・68㎏/右投・右打/476)
静岡市立服織中

稲角 塁 一塁手 3年(176㎝・76㎏/右投・右打/260)
静岡市立大里中(ヤング・静岡ジュニアユースベースボールクラブ)

藤田 誠也 二塁手 3年(165㎝・65㎏/右投・左打/340)
浜松市立浜北北部中(浜松南シニア

大石 哲平 三塁手 3年(168㎝・68㎏/右投・左打/347)
私立東海大翔洋中

村松 開人 遊撃手 2年(170㎝・68㎏/右投・左打/380)
牧之原市菊川市学校組合牧之原中(島田ボーイズベイスターズ)

成瀬 和人 左翼手 2年(176㎝・76㎏/右投・右打/373)
掛川市立城東中

前田 優太 中堅手 3年(167㎝・69㎏/右投・両打/342)
焼津市立大富中(静岡裾野シニア)

小柳 廉 右翼手 3年(主将)(179㎝・73㎏/右投・右打/152)
静岡市立高松中

竹内 奎人 投手 3年(178㎝・78㎏/右投・右打/500)
河津町立河津中(伊東シニア)

篠田 和也 投手 3年(176㎝・76㎏/右投・右打/)
掛川市立原野谷中

黒谷 陽介 捕手 2年(172㎝・68㎏/右投・右打/000)
静岡市立竜爪中

木下 将吾 捕手 2年(175㎝・75㎏/右投・右打/)
浜松市立北浜東部中(磐田ボーイズ)

加茂 翔太 内野手 2年(170㎝・65㎏/右投・左打/)
浜松市立細江中

山本 貫太 外野手 2年(173㎝・75㎏/右投・右打/125)
神奈川県・湯河原町立湯河原中(静岡裾野シニア)

丸田 拓実 外野手 3年(171㎝・68㎏/右投・左打/)
静岡市立東中(ヤング・静岡ジュニアユースベースボールクラブ)

小林 晃輝 外野手 2年(181㎝・70㎏/右投・左打/667)
藤枝市立青島中(島田ボーイズベイスターズ)

鈴木 翔也 投手 2年(172㎝・68㎏/左投・左打/)
牧之原市立榛原中


以上、ベンチ入り予想メンバー18名の紹介でした。


県立ですから静岡県内から集まってきていますね。


◇監督:栗林 俊輔氏
静岡県生まれの44歳。

磐田南高から筑波大に進まれ、99年に磐田北高の監督に就任。

その後、浜松工の監督も務め、08年に静岡高の監督に就任されています。

これまで、春1回、夏3回の甲子園に導いています。



静岡高のまとめ


成長著しい池谷投手の出来がカギを握っています。

打線は、2年前の強力打線とはいえませんが、
粘り強く諦めない姿勢が全面に出ているチームです。