3月19日に開幕する第89回選抜高校野球大会に、7年ぶり4回目の出場が決まった神戸国際大付!

昨秋の兵庫県大会を制し、近畿大会では準優勝を果たしセンバツの切符を手にしました。


この記事では、神戸国際大付高校の戦力分析とメンバーの出身中学等をまとめみました。


兵庫県神戸市にある神戸国際大付高校の部員数は、、
3年生35人に2年生36人の71人となります。

練習グランドは、学校の校庭で内野のみの照明が付いており、
グランドに隣接し室内練習場も完備されています。


甲子園には、これまで夏1回春は今年で4回目となりますが、
過去最高成績は、2005年のセンバツでベスト4になっています。


それでは、2017年の神戸国際大付高校の戦力分析をご紹介します。


1454050304_aflo_wkeb284689.jpg


神戸国際大付高校の戦力分析


昨秋の新チームとなっての試合成績は、50試合行い42勝4敗4分で、
そのうち公式戦は、12試合行い11勝1敗となっています。

この1敗は、昨秋の近畿大会の決勝・履正社戦で2-8で敗退したものです。


【打撃力】

公式戦のチーム打率377、本塁打9本、盗塁5となっています。


公式戦12試合で4割を超える打者が4人います。

その中でも、4番の猪田和希捕手は、公式戦打率475、本塁打4本

昨秋の近畿大会では、2試合連続でホームランを放つなど頼れる主砲です。


3番の片岡大和右翼手は、公式戦打率455、本塁打1本
打点も12と勝負強い打者です。


2番の後藤貴大二塁手は、公式戦打率455、本塁打1本、
7番の荒木恵亮一塁手は、公式戦打率447と高打率をマークしています。


俊足の1番、森田 貴三塁手は、公式戦打率277、盗塁2ですが、
全試合での盗塁数は、18とチーム一で、判断力にも優れた選手です。


神戸国際大付の打線は、上位も下位の切れ目のない打線となっています。


【投手力】

エース左腕の黒田倭人投手は、抜群の制球力を誇り、
チャンジアアプを得意とし、ハートの強い投手です。


また、2番手には、最速145㌔右腕岡野佑大投手がおり、
鋭いスライダーを武器としています。


昨秋の公式戦では、登板がなかった花村 凌投手の存在も大きく、
安定感がありいつでもどんな状況でも屈せずに投げることが出来る投手です。


黒田 倭人投手は、公式戦10試合、62イニングを投げ

・防御率:1.02

・自責点:7

・失点:11

・奪三振:61


岡野 佑大投手は、公式戦6試合、36イニングを投げ

・防御率:3.00

・自責点:12

・失点:16

・奪三振:26


花村 凌投手は、公式戦1試合、1イニングを投げ

・防御率:0.00

・自責点:0

・失点:0

・奪三振:0


技巧派のエース黒田投手に、剛腕の岡野投手の2枚看板
充実した投手陣となっています。



スポンサーリンク







神戸国際大付野球部メンバーの出身中学まとめ


神戸国際大付高校は、多くのプロ野球選手を輩出しています。

ヤクルトの坂口智隆外野手に中日の石岡諒太内野手、
ソフトバンクの岡本健投手にロッテの宗接唯人捕手などがいます。


それでは、神戸国際大付高校の主力メンバーの出身中学をみていきましょう。

名前・ポジション・学年(身長・体重/投・打/公式戦打率)
出身中順になっています。


黒田 倭人 投手 3年(166㎝・65㎏/左投・左打/300)
姫路市立朝日中(ヤング・兵庫夢前クラブ)

猪田 和希 捕手 3年(181㎝・78㎏/右投・右打/475)
西宮市立瓦木中(兵庫伊丹ヤング)

荒木 恵亮 一塁手 3年(170㎝・67㎏/左投・左打/447)
神戸市立本多聞中

後藤 貴大 二塁手 3年(163㎝・65㎏/右投・左打/455)
徳島県・藍住町立藍住東中(ヤング・徳島阿南氏シティホープ)

森田 貴 三塁手 3年(174㎝・68㎏/右投・右打/277)
高砂市立松陽中

田淵 友二郎 遊撃手 主将3年(172㎝・72㎏/右投・右打/270)
たつの市立新宮中(ヤング・佐用スターズ)

大丸 侑也 左翼手 3年(160㎝・73㎏/左投・右打/310)
姫路市立飾麿東中(ヤング・兵庫飾麿クラブ)

中谷 啓吾 中堅手 3年(177㎝・73㎏/右投・右打/250)
大阪府・和泉市立北池田中(忠岡ボーイズ)

片岡 大和 右翼手 3年(173㎝・74㎏/右投・左打/455)
滋賀県・草津市立新堂中(草津シニア

岡野 佑大 投手 3年(176㎝・68㎏/右投・左打/333)
神戸市立岩岡中(神戸中央シニア)

花村 凌 投手 3年(160㎝・60㎏/左投・左打/)
神戸市立垂水東中

十河 亮介 内野手 3年(170㎝・65㎏/右投・左打/000)
川西市立清和台中(豊中シニア)

山内 陽人 内野手 3年(180㎝・73㎏/右投・右打/818)
大阪府・堺市立東百舌鳥中(大阪泉北ボーイズ)

北山 凌大 外野手 3年(180㎝・78㎏/右投・左打/200)
大阪府・吹田市立片山中(大阪箕面ボーイズ)

荒邦 隼 捕手 3年(175㎝・73㎏/右投・右打/)
京都府・宇治市立広野中(京都木津川シニア)

塚本 拓海 内野手 3年(174㎝・72㎏/右投・右打/200)
播磨町立播磨南中(ヤング・全播磨硬式野球団)

谷口 嘉紀 外野手 2年(175㎝・74㎏/右投・右打/1.000)
丹波町立柏原中(氷上ボーイズ)

廣瀬 賢知 捕手 2年(172㎝・73㎏/右投・右打/500)
岐阜県・大垣市立江並中


以上、ベンチ入り予想メンバー18名の紹介でした。


兵庫県出身の選手が多いようですね。

大阪・京都からの選手もいますが、徳島や岐阜からの選手もいます。


◇監督:青木 尚龍
兵庫県生まれの52歳。

八代学院高(現、神戸国際大付)から愛工大に進まれ、
89年4月からコーチに、90年4月から監督に就任されています。


神戸国際大付のまとめ


昨秋の近畿大会の決勝では、履正社の強力打線の前に惜しくも敗れましたが、
準決勝の大阪桐蔭戦では、9回に2本のホームランが飛び出し逆転勝利をおさめています。


投打がうまく噛み合えば、上位進出も見えてくることでしょう。