3月19日に開幕する第89回選抜高校野球大会に、2年連続11回目の出場が決まった智弁学園!

昨年のセンバツ優勝校ですね。

昨秋の奈良県大会を制し近畿大会ではベスト8となりセンバツの切符を手にしました。


この記事では、智弁学園高校の戦力分析とメンバーの出身中学等をまとめみました。


奈良県五條市にある智弁学園高校の部員数は、、
3年生16人に2年生14人の30人になります。

練習グランドは、学内の校庭に内野のみ照明があり、
そのグランドに隣接し、全面人工芝の室内練習場があります。


甲子園には、これまで夏18回春は今年で11回目となりますが、
意外にも夏の優勝はなく、春は昨年全国制覇しています。

しかし、夏の甲子園でベスト4とベスト8が1回ずつ
春もベスト4とベスト8が1回ずつあり、まさに強豪校といえます。


それでは、2017年の智弁学園高校の戦力分析をご紹介します。


1454050304_aflo_wkeb284689.jpg


滋賀学園高校の戦力分析


昨秋の新チームとなっての試合成績は、70試合行い50勝16敗4分で、
そのうち公式戦は、8試合行い7勝1敗となっています。


【打撃力】

公式戦のチーム打率349、本塁打7本、盗塁20となっています。


注目選手は、1番を打つ主将の福元悠真右翼手に、
3番の太田英毅遊撃手です。


主将の福元選手は、公式戦打率500、本塁打2本

昨年は4番を打っており「一番多く打席が回ることで、打線に勢いをつけたい」との
ことで、一番に抜擢されているようです。


また、福元選手を一番に置くことにより、主軸として期待されるのが、太田選手です。

太田選手は、公式戦打率333、本塁打1本の活躍をみせ、監督からの期待も大きいようです。


福元選手に太田選手は、昨年のセンバツ優勝も経験しており、
チームの柱としても期待されます。


【投手力】

エース右腕の松本竜也投手は、がっちりとした体型から最速146㌔の
本格派投手です。

また、左腕の岩井文飛投手は、制球力の良く安定感のある投手として
登板の機会も多いようです。


松本 竜也投手は、公式戦6試合、29回2/3を投げ

・防御率:3.64

・自責点:12

・失点:17

・奪三振:29


岩井 文飛投手は、公式戦5試合、28回1/3を投げ

・防御率:1.59

・自責点:5

・失点:5

・奪三振:34


春連覇に向けて、この二人の投手が大きなカギを握ってくることでしょう



スポンサーリンク







智弁学園野球部メンバーの出身中学まとめ


智弁学園は多くのプロ野球選手を輩出しています。

巨人の岡本和真内野手、阪神の岡崎太一捕手、
オリックスの中道勝士捕手、青山大紀投手など活躍されています。


それでは、智弁学園高校の主力メンバーの出身中学をみていきましょう。

名前・ポジション・学年(身長・体重/投・打/公式戦打率)
出身中順になっています。


松本 竜也 投手 3年(179㎝・80㎏/右投・右打/333)
桜井市立桜井中(奈良葛城ボーイズ)

石田 航大 捕手 3年(168㎝・67㎏/右投・右打/240)
葛城市立白鳳中(橿原磯城シニア

畠山 開成 一塁手 3年(178㎝・82㎏/左投・左打/321)
上牧町立上牧中(オール枚方ボーイズ)

高塚 勢牧 二塁手 2年(176㎝・68㎏/右投・右打/333)
桜井市立西中(天理シニア)

西岡 寿透 三塁手 3年(180㎝・78㎏/右投・左打/240)
和歌山県・橋本市立西部中(ヤング・和歌山ホークス)

太田 英毅 遊撃手 3年(176㎝・78㎏/右投・右打/333)
兵庫県・三木市立緑が丘中(神戸中央シニア)

南峠 友祐 左翼手 2年(170㎝・64㎏/右投・右打/1.000)
宇陀市立大宇陀中(宇陀ボーイズ)

加堂 陽太 中堅手 3年(166㎝・65㎏/右投・右打/474)
大阪府・豊中市立第四中(吹田シニア)

福元 悠真 右翼手 主将3年(178㎝・75㎏/右投・右打/500)
明日香村立聖徳中(奈良葛城ボーイズ)

岩井 文飛 投手 3年(173㎝・71㎏/左投・左打/111)
五條市立五條東中

松田 一希 内野手 3年(178㎝・84㎏/左投・左打/500)
橿原市立橿原中(ヤング・御所南部シニア)

早崎 厚汰 内野手 2年(163㎝・68㎏/右投・左打/)
兵庫県・神戸市立井吹台中(神戸中央シニア)

今西 大河 内野手 3年(172㎝・66㎏/右投・左打/000)
和歌山県・紀の川市立粉河中(和歌山北ボーイズ)

安川 正浩 内野手 3年(180㎝・78㎏/右投・右打/000)
大和高田市立片塩中(大和高田シニア)

畠山 航貴 内野手 2年(171㎝・69㎏/右投・右打/200)
上牧町立上牧中(オール枚方ボーイズ)

左向 澪 外野手 2年(173㎝・64㎏/右投・左打/500)
奈良市立登美ヶ丘中(南部ボーイズ)

岡野 龍太 外野手 2年(179㎝・75㎏/右投・左打/385)
生駒市立上中(生駒中央ボーイズ)

小口 仁太郎 捕手 2年(182㎝・75㎏/右投・右打/)
天理市立北中


以上、ベンチ入り予想メンバー18名の紹介でした。


ほとんどが奈良出身ですが、和歌山、兵庫、大阪出身の選手もいます。


◇監督:小坂 将商
和歌山県生まれの39歳。

智弁学園から法政大に進まれ、松下電器でプレーされています。

高校時代は、主将で3年の夏に甲子園に出場し4強入り!

2006年から監督に就任され、春夏合わせて8度甲子園に導き
昨年の春、念願の初優勝を成し遂げています。


智弁学園のまとめ


春連覇のかかる智弁学園ですが、
昨年のチームより足が使える選手が多いようです。

少し守りに課題があるようですが、この冬にみっちりと仕上げてきていることでしょうね。