今年で第89回目となる選抜高校野球大会に、初出場が決まった市呉!

正式な名称は、呉市立呉高等学校といいますが、
地元では、「いちくれ」と呼ばれているそうです。

この記事では、市呉高校の戦力分析とメンバーの出身中学等をまとめみました。


初出場が決まった市呉(いちくれ)は、昨秋の広島県大会で3位となり、
中国大会では、準優勝となりセンバツの切符を手にしました。


広島県呉市にある市呉高校の部員数は、、
3年生25人(内女子2人)に2年生28人(内女子3人)の53人になります。


練習は、学外に照明付きの専用球場があり、室内練習場はありません。

甲子園には、春夏通じて今回が初出場となり、
野球部創部10年目にして憧れの聖地に出場を成し遂げました。


それでは、2017年の市呉高校の戦力分析をご紹介します。


1454050304_aflo_wkeb284689.jpg


市呉高校の戦力分析


昨秋の新チームとなっての試合成績は、39試合行い34勝5敗で、
そのうち公式戦は、11試合行い9勝2敗となっています。


【打撃力】

公式戦のチーム打率305、本塁打0本、盗塁16となっています。


公式戦に最も高打率をマークしたのは、
3番の近藤大亮一塁手と2年生で7番を打った西岡裕希中堅手です。

近藤選手は、公式戦打率417西岡選手も公式戦打率417

1番の普家涼平左翼手は、公式戦打率311ですが、
出塁率389と切り込み隊長役を十分に果たしています。


豪快な強打者は不在ですが、機動力を駆使し状況に応じた攻撃が出来るチームです。


【投手力】

エース左腕の池田吏輝投手は、低めにコーナーを突く丁寧なピッチングで
打たせてとるタイプの投手です。

また、2番手には、右腕の高松晃佑投手永田陸哉投手と控えています。


池田 吏輝投手は、公式戦9試合、67回1/3を投げ

・防御率:3.74

・自責点:28

・失点:33

・奪三振:43


高松 晃佑投手は、公式戦2試合、8回2/3を投げ

・防御率:2.08

・自責点:2

・失点:5

・奪三振:4


永田 陸哉投手は、公式戦1試合、1/3を投げ

・防御率:54.00

・自責点:2

・失点:2

・奪三振:0


甲子園初勝利のカギは、投手陣にありそうですね。



スポンサーリンク







市呉野球部メンバーの出身中学まとめ


市呉高校の主力メンバーの出身中学をご紹介します。

名前・ポジション・学年(身長・体重/投・打/公式戦打率)
出身中順になっています。


池田 吏輝 投手 3年(173㎝・68㎏/左投・左打/208)
呉市立倉橋中(広島瀬戸内シニア

柏尾 健太 捕手 3年(168㎝・63㎏/右投・右打/294)
東広島市立向陽中

近藤 大亮 一塁手 3年(177㎝・73㎏/右投・右打/417)
呉市立昭和中

奥田 一樹 二塁手 3年(163㎝・65㎏/右投・右打/344)
呉市立豊浜中(呉昭和シニア)

上垣内 勇允 三塁手 3年(170㎝・57㎏/右投・右打/278)
東広島市立黒瀬中

新田 旬希 遊撃手 主将3年(182㎝・72㎏/右投・左打/270)
広島市立口田中

普家 涼平 左翼手 3年(168㎝・59㎏/右投・左打/311)
東広島市立高屋中(東広島ボーイズ

西岡 裕希 中堅手 2年(171㎝・62㎏/右投・右打/417)
広島市立祇園東中

青木 勇樹 右翼手 3年(176㎝・70㎏/右投・右打/333)
呉市立和庄中

土久岡 響 内野手 3年(171㎝・72㎏/右投・右打/000)
東広島市立松賀中

高松 晃佑 投手 3年(177㎝・75㎏/右投・右打/000)
呉市立吉浦中

永田 陸哉 投手 3年(171㎝・70㎏/右投・右打/1.000)
東広島市立高屋中

瀬戸升 洸 捕手 2年(174㎝・65㎏/右投・右打/333)
東広島市立向陽中

上垣 将吾 内野手 3年(172㎝・85㎏/右投・右打/000)
東広島市立向陽中(東広島シニア)

浜元 太聖 内野手 2年(179㎝・68㎏/右投・右打/250)
呉市立白岳中(ヤング・府中広島2000)

西川 岳登 内野手 3年(170㎝・62㎏/右投・左打/000)
広島市立亀山中(ヤング・LIMITED GROWS広島)

石原 達也 外野手 3年(161㎝・70㎏/右投・左打/000)
東広島市立向陽中

金谷 亮 外野手 2年(164㎝・54㎏/右投・左打/111)
呉市立阿賀中(呉ボーイズ)


以上、ベンチ入り予想メンバー18名の紹介でした。

公立校なだけに地元の選手が集まっています。


◇監督:中村 信彦
広島県生まれの62歳。

尾道商から日体大に進まれ、1978年に尾道商の監督に就任、
3度のセンバツ出場を果たしています。

96年4月に加茂高に赴任、98年8月に監督に就任、
その後、2007年に市呉高に赴任し、監督に就任されています。


市呉のまとめ


野球部創部から監督に就任された中村氏は、
10年目にして念願の甲子園へと導き、
広島県内でも強豪校と呼ばれるまでに育てあげました。


派手さはないものの、堅実な野球をし粘りの野球が身上のチームです。